2020.12.08
#新人監督奮闘日記
#仕事
#暮らし

ユニットバスとは?

新人監督|玉木鈴之助

皆さんお久しぶりです!

新人監督の玉木です( `ー´)ノ

今日は皆さんにユニットバスについて紹介していきたいと思います!


ユニットバスとは?

ユニットバスとはあらかじめ浴槽の壁、床、天井、浴槽が一体化している浴室の事を指します!

ユニットバスからユニットバスへのリフォームはもちろん、自由な設計で作られた、在来工法からユニットバスへの

リフォームも可能で、いずれも分解したパーツを浴室に搬入して、組み立てる事となります。


ユニットバスとシステムバスは同じ意味!?

よくユニットバスとシステムバスの違いは何なの???と聞かれる方がいますが、実はユニットバスとシステムバスの違いは

さほどなく、ほとんど同じものとして扱われています!

ユニットバスは浴槽のサイズや機能のオプションなどを選ぶことが出来る為、システムバスとも呼ばれています!


次にユニットバスが気になる皆さんが知りたいユニットバスのメリットとデメリットをご紹介していきたいと思います!


ユニットバスのメリットとは?

メリット①掃除がしやすい!

浴室内のパーツが一体化されているユニットバスは、つなぎ目に汚れが溜まりにくく、掃除も楽です!

水はけの良い床材にする事で、より掃除もしやすくなります。


メリット②優れた気密性!

ユニットバスは、気密性にも優れています!

その為、冬場でもお湯が冷めにくく、暖かい空間を維持することが出来ます(*^-^*)


メリット③小さい子供やお年寄りでも使いやすいバリアフリーデザイン!

脱衣室や洗い場の段差がほとんどない事や、またぎやすい低さの浴槽、滑りにくい床など、転倒防止の為に

バリアフリーデザインが標準仕様になっています!


メリット④工期が短く済む!

パーツを組み立てるだけのユニットバスは、他の工法よりも工期が短く済むので、リフォーム工事の場合は

お風呂に入れない期間が短く済むのも注目ポイントです!


では次に!


ユニットバスのデメリットとは???



デメリット①規格サイズが設置スペースに収まらなければならない!?

箱形の規格サイズが決まっているユニットバスは、設置スペースに収まらないと設置することが出来ません(-_-;)

天井や梁、屋根、柱の都合で設置する事ができないとなると、自由な設計で浴室を作る在来工法に変更するか

オーダーメイドのユニットバス商品を選ぶ必要があります!


デメリット②設備の後付けができないケースもあります!

ユニットバスでは、工事が完了した後、新しい設備を追加したくてもできないケースがあります(*_*;

新しいい設備を追加する為には、天井や壁の解体といった大掛かりな工事を伴う事がある為です…

また、パーツそのものが後付けに対応していないということもある為、リフォーム時に、欲しい設備はすべて取り付けることが

大切です!!!


デメリット③規格外の設備には対応していない!?

ユニットバスは、規格外のパーツや設備には対応していません!

その為、檜風呂や猫足バスタブなど、特殊な形の浴槽にリフォームした場合でも、用意されている

商品の中から選ばなければなりません!


以上がユニットバスのメリットとデメリットになります!


いかがでしたか???

皆さんもこのブログを読んだのを切っ掛けにユニットバス導入を検討してみませんか( `ー´)ノ


冬も本格的になってきましたので保温性の高い浴室での入浴は気分のリフレッシュにもなります(*´▽`*)


以上、新人監督玉木のユニットバス紹介でした!!!